· 

TEAMSHACHIとの出会い 10

【愛とツチノコの夜】最終章

※実在する団体や個人が出てきますが、会話等は全てフィクションです。

 

柚姫の部屋の開始からここまでで既に1時間を優に超えている。

楽しい時間は無情にも終盤を迎えようとしていた。

 

次のコーナーは「お知らせ」

「原宿リアル脱出ゲーム」

「4/19 TEAMSHACHI TOUR 2020 異空間 渋谷公会堂」

「2/10 HARUNA STYLE 2020 in TOKYO」

「1/25 愛知・知多半島マーケット 2020」

「1/18 未来創造展2020」

「1/19 スタプラアイドルフェスティバル」

「推しマシ、F&Cミュージック」について説明が続いた。

 

ここで瀬戸口氏が専務に聞いた。

「入江さんはTEAMSHACHIさんのライブは見たことないですか?」

「見たことないです」

ミュージシャンではミスチルが好きなぐらいのセンムはアイドルについての知識が欠如していた。

しかもアイドルのライブコンサートなど45年間見た事も無い。

「1月19日横浜アリーナなんで良かったら見に来てください」

「はい。無理やり時間作って見に行きます」

柚姫嬢に誘われて、調子いいくらいのタイミングでセンムは即答した。

「本当ですか?ありがとうございます」

柚姫さんがほほ笑む。

ルームメイトも歓喜した。「凄い行動力」「専務も来る」「優しい」「まじか」

「ところで瀬戸口さんは私たちの活躍を見届けてくれるんですか?」

返す刀で柚姫さんが瀬戸口氏の顔を覗き込む。

「あの…、後でネットで検索させていただきます!私の代わりに入江さんに行っていただくという事で!ワハハハハ」

瀬戸口氏は動揺を押し殺して答え、センムに押し付けてごまかした。

都合があって行けないので、自分の方に思わず話が向いてしまったことに内心苦虫を噛み潰していた。

 

その後、抽選会が行われ、ようやくエンディング。

瀬戸口氏がルームメイトにセンムへの質問を募ると続々と質問が寄せられた。

瀬戸口氏は慣れた手つきでタブレットを操作し、寄せられた質問を拾いながらセンムに投げかける。

あたかも全国のルームメイトとセンムが交流しているような時間。

 

Q「どうやったら専務になれるんですか?」

A「無回答」

 

Q「ツチノコは実在するのでしょうか?」

A「残念ながら見た事ありません」

 

Q「商品アイデアを思いつくのはいつですか?」

A「車を運転しながら」

 

Q「ツチノコの主食はなんですか」

A「うちのツチノコはキャットフードを食べます」

 

Q「洗うのは中性洗剤で大丈夫ですか?」

A「笛を濡らすと鳴かなくなるので注意してください」

 

Q「サバラサバラってわかりますか?」

A「シュワルツェネッガーのWill be buck!!じゃないんですね」

 

一つ一つ真面目に真顔で回答するセンムだが、それがかえって面白い。

「意外と専務、ぼけてきますねー」

瀬戸口氏が笑いながら言った。

サンスマイルと柚姫の部屋、そして全国のルームメイトが繋がった記念すべき瞬間だった。

 

そしていよいよ最後の時間が来た。

(せっかく慣れてきたのに…)

センムは楽しいひと時が終わる寂しさをかみしめていた。

「貴重な話が聞けましたー。本日のゲストはサンスマイルの入江さんでしたー!」

「サーンスマーイル!」

3人でポーズを取って配信は終了した。

時間は23時になろうとしていた。

 

最後に柚姫嬢、瀬戸口氏と数カットのチェキ撮影を済ませると、センムは解放された。

(こんなオッサンの写真欲しがる人なんているのかな?)

 

センムは慣れない経験に疲れ果て夜の街を歩いていた。

冷たい夜風が火照った頬に気持ちいい。

新人は家でずっとYouTubeで配信をモニタリングしているはずだ。

ツイートもしているに違いない。

(明日、会社で何と言われるかな?)

いろいろ不手際はあったかもしれないが、大きな仕事を終えたという充実感があった。

(大きな仕事になるかどうかはこれからですよ)

生意気な新人にそう言われそうだなとセンムは苦笑いした。

(大阪の野音が一つの大きな目標だが、来年以降もしっかりとやっていきたい!)

 

この後、予想もしなかった新型コロナウィルスの蔓延が社会を襲う事をこの時のセンムは知る由もなかった。

ライブの自粛などを余儀なくされたTEAM SHACHIは「おうちライブ」や「シャチサタ」等の新しい試みでコロナ禍を見事に乗り切って新しいビジネススキームを開拓していった。

翌年以降もTEAM SHACHIは快進撃を続ける。

サンスマイルもまたその企業使命のように、笑顔をTEAM SHACHIに携わるすべての人々に広げていった。

 

TEAM SHACHIの栄光の歴史の影にサンスマイルと言う小さな玩具メーカーがいた事を、タフ民&ルームメイトは永遠に忘れる事はないだろう。

 

 

 

長丁場の乱筆乱文にお付き合いいただきありがとうございました。

※本当にしつこいですが…実在する団体や個人が出てきますが、会話等は全てフィクションですからね。

 ストーリー進行の都合上、実際の番組とは時系列が異なる部分がございます。

 ふざけた部分もあり、一部の方にはご不快な思いをさせてしまっていましたらご容赦ください。

 

コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    うぷぷひろやん (金曜日, 29 5月 2020 03:08)

    ほっこりするなぁ〜☺️
    楽しい!いつまでも続いて欲しい!
    センム2回目のゲスト出演に期待してます!
    新商品の宣伝などにバンバン柚姫の部屋、利用して下さいね!

  • #2

    手羽元派の手羽元 (金曜日, 29 5月 2020 03:26)

    感動の超大作堂々完結お疲れ様でした!!!瀬戸口さんの図星をだから描写は涙なしでは読めませんでした!!! 一緒に乗り越えていきましょうね。

  • #3

    ウッチー (金曜日, 29 5月 2020 04:18)

    新人さん、お疲れ様でした!
    感動のラストが本当に感動のラストで
    感動いたしました、、、
    この先のさらなる笑顔の快進撃を願い
    続編を期待しておりますね�

  • #4

    まいまい5 (金曜日, 29 5月 2020 05:52)

    終に終わっちゃったか‥‥
    (よく10回も引っ張ったな彡新人さん)
    センム目線で進むもう1つの「柚姫の部屋」面白いですね
    入江専務殿 謎トキャーとしてリベンジお待ちしております。

  • #5

    みっちぃたん (金曜日, 29 5月 2020 08:14)

    次は新人さんが登場会のブログ楽しみにしています

  • #6

    けんちゃん777 (金曜日, 29 5月 2020 08:49)

    この感動巨編も最終回かと思うと...(T_T)
    超長編ブログありがとうございました。これからも大黒柚姫とTEAM SHACHIをよろしくお願いします<(_ _)>

  • #7

    新人 (金曜日, 29 5月 2020 09:00)

    皆さん、ダラダラした駄文にお付き合いありがとうございました。

  • #8

    つかっちゃん (土曜日, 30 5月 2020 00:19)

    新人さん、沢山のブログ更新ありがとうございました☆
    楽しく読ませていただきました。
    いつか新人さんが柚姫の部屋に出ていただけるのを
    楽しみにしています!

  • #9

    いぬ (日曜日, 31 5月 2020 11:42)

    TEAMSHACHIとの出会い10まで一気見しました!
    とても楽しめました。
    いつかは新人さんの出演を願います^_^

  • #10

    さとし@パワボ (水曜日, 10 6月 2020 22:58)

    おくらばせながらエピソードI~X全て読ませて頂きました。
    ホントに「有り難い!」です。
    これからも柚姫の部屋そしてTEAM SHACHIとお付き合いして頂けたらと思います。
    いつの日か新人さんが公の場に現れることも願って(笑)